バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2014年04月06日

【大阪IC 2014】第5日目(決勝) 橋本、数野/山田、松尾/内藤が頂点に!!!

ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会第5日目となる4月6日、各種目の決勝が行なわれた。
日本勢では女子単:橋本 由衣、男子複:数野 健太/山田 和司、女子複:松尾 静香/内藤 真実が優勝を決めた。
男子単:武下 利一、女子単:土井 杏奈、女子複:久後 あすみ/宮内 唯は準優勝。



試合結果は次の通り(試合順)。



男子単:
ン・カロン(香港) 2(21-13、21-12)0 武下 利一

▼優勝を決めたン・カロン選手(香港)

▼準優勝の武下 利一選手




混合複:
ムハンマド・リジャル/ヴィタ・マリサ(インドネシア) 2(21-18、17-21、21-18)1 チェ・ソルキュ/チェ・ユジュン(韓国)

▼優勝を決めたムハンマド・リジャル/ヴィタ・マリサ ペア(インドネシア)

▼チェ・ソルキュ/チェ・ユジュン ペア(韓国)




女子単:
橋本 由衣 2(21-13、21-14)0 土井 杏奈

▼優勝を決めた橋本 由衣選手

▼準優勝の土井 杏奈選手




男子複:
数野 健太/山田 和司 2(21-19、21-11)0 ジュン・ボンチャン/キム・ダックヨン(韓国)

▼優勝を決めた数野 健太/山田 和司ペア

▼準優勝のジュン・ボンチャン/キム・ダックヨン ペア(韓国)




女子複:
松尾 静香/内藤 真実 2(24-22、21-6)0 久後 あすみ/宮内 唯

▼優勝を決めた松尾 静香/内藤 真実ペア

▼準優勝の久後 あすみ/宮内 唯ペア




おまけ


▼またまたサイン会直前に撮らせていただきました。昨日同様、カメラマンがピースサインを要求したら苦笑いされましたが(特に小松﨑選手に)、それでも笑顔で大人の対応をしていただきました。




▲PageTOP