バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2014年06月27日

全日本実業団~女子・大会のみどころ~

バドミントン写真

2014年7月2日(水)より7月6日(日)まで、香川県の高松市総合体育館、香川総合体育館、坂出市立体育館において、厚生労働大臣杯・第64回全日本実業団バドミントン選手権大会が開催される。


組合せ (全日本実業団選手権大会 - 公式ページより)


女子・大会のみどころ


昨年の大会は三洋電機時代から通算17度の優勝を誇るパナソニックが前年度限りでの事実上の廃部を決定し、チームのメンバーがそれぞれのチームに移籍してのいわば戦国時代の戦いとなりました。予想は4強の横一線の激突と言われ、優勝争いは大激戦、混戦が予想されましたが日本ユニシス、ルネサス、NTT東日本、ヨネックスが順調に勝ちあがり、決勝は第一シード日本ユニシスと第二シードルネサス
という結果的に実力通りの決戦となりました。

決勝は準決勝をNTT東日本に3-0と快勝した日本ユニシスとヨネックスに3-2と大接戦で勝利した勢いと疲労感の差が如実にでた試合でした。特に栗原・篠谷組の快進撃は素晴らしく準決勝では松尾・三谷組を決勝では前田・垣岩組を撃破し、初優勝の原動力となり、高橋・松友組を退けて最優秀選手賞を受賞するなど日本ユニシスの選手層の厚さ、団結力の強さを際立たせた大会でした。

その他、昨年の女子はどの試合についても熱戦の連続であり、大会を盛り上げてくれましたチーム、選手に改めて敬意を表したいと思います。 

今大会の優勝争いはやはり実力・選手層の厚さでひとつリードしている日本ユニシスを中心にルネサス、NTT東日本、ヨネックスの今年もこの4強の激突となる。予想ではユニシス×NTT東日本、ルネサス×ヨネックスの準決勝対決になりそうである。

日本ユニシスは高橋沙也加の加入、成長は大きく高橋・松友組とのシングルス、ダブルスの柱ができ、より安定感を増してきている。NTT東日本はシングルス陣三谷、橋本とダブルスの樽野・新玉組の軸がしっかりしている。勝負は第三シングルス、第二ダブルスの出来具合がカギになる。

もうひとつの準決勝ルネサス×ヨネックスは全く予想がつかない。ルネサスは前田・垣岩組擁するダブルスを中心にオーダーを組み立て、ヨネックスは廣瀬、今別府、土井と揃うシングルスを中心に組み立てるはず。ダブルスから始まるこのシステムでは昨年はルネサスがダブルスを制して流れをつかみ、逃げ切っている。今年はどんな展開になるのか興味深い。準決勝対決はいずれも絶対見逃せない一戦となる。

これらのチームに一矢報いたいのが日本リーグ1部チーム北都銀行、岐阜トリッキーパンダース、七十七銀行、広島ガス、昨年ベスト8のACT SAIKYO、山陰合同銀行。他、三菱電機、日立化成、富山トヨタ自動車、豊田通商、岡山ガス等も着実に強化しており、各チームとも、目標は大きく、優勝を目指してチャレンジしてほしい。
今年は地元となる百十四銀行には上位進出のチャンスがあり、健闘を期待したいところです。


日本ユニシス
ダブルスのエース高橋・松友組に急成長栗原・篠谷組。シングルスは打田、高橋(沙)、
奥原とメンバーが固定できる。戦力は出場チーム№1、総合力はトップ!『連覇』は当然の目標となる

ルネサス    
今までチームを引っ張っていた二枚看板末綱・前田組、藤井・垣岩組の末綱、藤井の
引退はマイナスだが前田・垣岩組、久後・宮内組、福島・廣田組、福万・與猶組と
ダブルスは万全。シングルス伊東、峰が以下に普段の力を発揮するか?優勝への確立が変わってくる!!

ヨネックス  
廣瀬、今別府、佐藤、土井のシングルスはどこにも引けをとらない強力布陣。カギはダブルスにあり、
内藤とのペアリングが重要課題になってくる。今別府(靖)引退は大きいが鈴木、阿萬、板垣、早田
が着実に力をつけ、戦力大幅アップ!!今年はまず決勝進出!!

NTT東日本 
全日本チャンピオン三谷、大阪インターチャレンジシングルス優勝橋本、ダブルス優勝松尾、
日本ランキング大会優勝樽野・新玉組と実力者揃い。二年目渡邊もシングルス・ダブルスとも
勝負強く、優勝できる態勢が整った。今年こそは本気で22年ぶりの優勝を狙いたい!!

ACT SAIKYO  
山口国体を機に地元貢献、強化対策として結成。北吉主将を中心に日本リーグ2部ながら
昨年は広島ガスに完勝、ベスト8進出は大健闘。ルネサスから原、NTT東日本から
米元などチーム力アップが充実、今年は目標ベスト4進出。

岐阜トリッキーパンダース  
2012年初のベスト4入り、昨年はベスト8。常に中心だった脇田の引退はチームにとって
戦力的、精神的ともにマイナス面が大きい。新人としてシングルスに山本、ダブルスに松田の
加入でマイナス面をカバー、最低目標ベスト8シード確保!!

北都銀行   
2012、2013年と連続ベスト8入りしチーム力は確実に上向いている。楠瀬、三木・米元組を
軸に大型新人永原、松本、永田の加入は大きく、今年は4強の一角ヨネックスに挑む!!

山陰合同銀行 
横山の補強でチームのダブルスに活気が出てきた。ベテラン丸岡も単・複で健在、シングルス濱崎は
安定している。充分な体勢で準決勝入りNTT東日本戦に臨みたい。

広島ガス   
シングルス主将井上(静)、ダブルス小池・桜井組を中心にチームワークのいいチーム。
新人亀田・平井の加入でチーム力アップ、日本リーグ1部の勝負強さを見せてほしい!!

三菱電機   
今年の新人は藤井。常に将来性のある選手が加入していつもしっかりチーム作りをしているチーム!
大迫・平野組は計算ができる。まずはベストト8入り山陰合同銀行との戦いになる。

七十七銀行   
ダブルスの看板、今井・大森組の今井が大阪インターナショナルチャレンジ大会で
アキレス腱断裂し、チームへの影響は大きいが新人、牧野、河崎、金浦のパワーでカバーできる。
粘り強さ、チームワークの良さが身上のチーム!

百十四銀行  
地元開催代表として、過去に優勝経験のある名門チーム。安藤主将中心に
一次リーグ突破の壁を破りたい。シングルス落合、東野、ダブルス安藤・樫栄組を
如何に活用できるかが勝利のカギになる。ベスト8目指す!!


==美郷茂樹==


関連ページ:



関連サイト:




【LIVE配信ご案内】

7月5日(土) 10:00~ 準々決勝、準決勝
7月6日(日) 10:00~ 決勝

配信場所:SMASH and NET .TV トップページ
http://www.smash-net.tv/

※視聴はすべて無料となります。


▲PageTOP