バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2016年02月20日

【アジア団体選手権2016】6日目 日本、男女とも決勝進出!!

アジア団体選手権2016兼トマス杯ユーバー杯アジア予選の6日目となる2月20日、日本は女子がタイと、男子は韓国と対戦した。男女ともファイナルゲームにもつれ込む試合も多かったが、結果的にはそれぞれ3−0で勝利し、決勝進出を果たした。
21日の決勝戦では、男子がインドネシアと、女子が中国と対戦する。



日本(男・女)の試合結果の詳細は次の通り。

女子
日本 3−0 タイ
単1:奥原希望 2(21-14、17-21、21-14)1  Busanan ONGBUMRUNGPHAN
複1:髙橋礼華/松友美佐紀 2(16-21、21-13、21-18)1 Puttita SUPAJIRAKUL/Sapsiree TAERATTANACHAI
単2:佐藤冴香 2(21-19、21-16)0 Porntip BURANAPRASERTSUK
複2:福万尚子/與猶くるみ  —  Jongkolphan KITITHARAKUL/Rawinda PRAJONGJAI 
単3:橋本由衣  —  Pornpawee CHOCHUWONG



男子
日本 3−0 韓国
単1:桃田賢斗 2(21-14、21-16)0 Wan Ho SON
複1:早川 賢一/ 遠藤 大由 2(19-21、21-17、21-16)1 Gi Jung KIM/Sa Rang KIM 
単2:佐々木翔 2(20-22、21-14、21-16)1 Dong Keun LEE
複2:園田 啓悟/嘉村 健士  —  Sung Hyun KO/Baek Cheol SHIN
単3:西本拳太  —  Hyeok Jin JEON



19日の準々決勝の試合結果は次の通り。

男子
インドネシア 3−1 インド
日本 3−0 韓国

女子
日本 3−0 タイ
中国 3−0 韓国



21日(決勝)の組み合わせは次の通り。

男子
日本 vs インドネシア

女子
日本 vs 中国



▼桃田賢斗選手(本大会のものではありません。以下同)

▼早川賢一/遠藤大由ペア

▼佐々木翔選手(BADMINTON PHOTO)

▼奥原希望選手

▼髙橋礼華/松友美佐紀ペア(BADMINTON PHOTO)

▼佐藤冴香選手(BADMINTON PHOTO)



▲PageTOP