バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2016年03月21日

【スイスオープンGPG】最終日 女子複:松尾静香/内藤真実がV! 福万尚子/與猶くるみは準優勝



スイスオープン6日目(最終日)となる3月20日、各種目の決勝が行なわれた。
女子複:松尾静香/内藤真実は福万尚子/與猶くるみと対戦。ファイナルの末、優勝を勝ち取った。

第1ゲーム、11-8で松尾/内藤が先行するが、11-11と福万/與猶が追いつく。しかしその後は松尾/内藤が徐々に差を広げ、21-16でこのゲームを取った。
第2ゲーム、福万/與猶が1度も相手に先行されることなく、12-10からの7連続ポイント、そして21-12でこのゲームを取ってイーブンに戻した。
ファイナルゲーム、4-4以降は松尾/内藤が優位に試合を展開し、15-12以降の6連続ポイントで優勝を決めた。



決勝の試合結果は次の通り。


【女子複】
松尾静香/内藤真実(WR12) 2(21-16、12-21、21-12)1 福万尚子/與猶くるみ(WR11)


【男子単】
H. S. Prannoy(インド WR27) 2(21-18、21-15)0 Marc ZWIEBLER(ドイツ WR19)


【女子単】
HE Bingjiao(中国 WR20) 2(21-16、21-10)0 WANG Yihan(中国 WR7)


【混合複】
WANG Yilyu/CHEN Qingchen(中国 WR--) 2(19-21、21-16、21-15)1 Bodin ISSARA/Savitree AMITRAPAI(タイ WR29)


【男子複】
Kim ASTRUP/Anders Skaarup RASMUSSEN(デンマーク WR25) 2(21-8、21-15)0 LEE Sheng Mu/TSAI Chia Hsin(台湾 WR17)



▼優勝した女子複:松尾静香/内藤真実ペアと準優勝の福万尚子/與猶くるみペア(いずれもBADMINTON PHOTO)





▲PageTOP