バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2016年04月16日

【シンガポールオープンSS】5日目 ソノカム、SS初の決勝進出!! タカマツも決勝へ!


シンガポールオープンの大会5日目となる4月16日、各種目の準決勝が行なわれた。
日本勢では女子複:髙橋礼華/松友美佐紀と男子複:園田啓悟/嘉村健士の2組が決勝進出を決めた。
園田/嘉村はグランプリゴールドでの優勝経験はあるが、スーパーシリーズで決勝進出するのは今回が初めてとなる。
女子単:山口茜は準決勝敗退となった。

最初に決勝進出を決めたのは女子複:髙橋礼華/松友美佐紀(世界ランク1位)。ティアン・キン/ツァオ・ユンレイ(中国/同4位)と対戦し、ファイナルの末に勝利した。

女子単:山口茜(同11位)はラチャノック・インタノン(タイ/同2位)と対戦。第1ゲームを21-12で取られたあと、第2ゲームは後半もつれるものの22-20で落とし、敗退となった。

男子複:園田啓悟/嘉村健士(同19位)はリュウ・ユーチェン/リ・ジュンフイ(中国/同13位)と対戦。第1ゲームは2-2以降常にリードした展開で21-16で取った。第2ゲームも4-4以降はやはり相手に一度もリードされることなく21-17で取り、決勝進出を決めた。


16日の日本人選手の試合結果は次の通り。

【女子複】
髙橋礼華/松友美佐紀(WR1) 2(21-17、20-22、21-16)1 TIAN Qing/ZHAO Yunlei(中国 WR4)

【女子単】
Ratchanok INTANON(タイ WR2) 2(21-12、22-20)0 山口茜(WR11)

【男子複】
園田啓悟/嘉村健士(WR19) 2(21-16、21-17)1 LI Junhui/LIU Yuchen(中国 WR13)



17日(決勝)の組み合わせは次の通り。

【女子単】
Ratchanok INTANON(タイ WR2)vs SUN Yu(中国 WR14)

【混合複】
KO Sung Hyun/KIM Ha Na(韓国 WR3)vs XU Chen/MA Jin(中国 WR5)

【女子複】
髙橋礼華/松友美佐紀(WR1)vs Nitya Krishinda MAHESWARI/Greysia POLII(インドネシア WR3)

【男子単】
SON Wan Ho(韓国 WR10)vs Sony Dwi KUNCORO(インドネシア WR56)

【男子複】
園田啓悟/嘉村健士(WR19)vs FU Haifeng/ZHANG Nan(中国 WR4)




▼決勝進出を決めた男子複:園田啓悟/嘉村健士ペア(BADMINTON PHOTO。以下同)





▼決勝進出を決めた女子複:髙橋礼華/松友美佐紀ペア




▼ベスト4で終わった女子単:山口茜選手





▲PageTOP