バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2016年05月01日

【アジア選手権】最終日 タカマツ優勝!!! フクヨナは2位


アジアバドミントン選手権大会2016の大会6日目(最終日)となる5月1日、各種目の決勝が行なわれた。
女子複は髙橋 礼華/松友 美佐紀と福万 尚子/與猶 くるみの日本勢対決となったが、髙橋/松友がストレートで勝利し、頂点に輝いた。

第1ゲーム、6-6までもつれた展開だったが、それ以降、髙橋/松友が引き離して21-13とした。
第2ゲーム、中盤でもつれたものの、10-10以降にやはり髙橋/松友が引き離し、21-15とし、優勝を決めた。

福万/與猶はこの敗退により、リオ五輪出場への道が断たれたことになる。


決勝の試合結果は次の通り。

【混合複】
Zhang Nan/Zhao Yunlei(中国 WR1) 2(16-21、21-9、21-17)1  Tontowi Ahmad/Liliyana Natsir(インドネシア WR2)

【男子単】
Lee Chong Wei(マレーシア WR2) 2(21-17、15-21、21-13)1 Chen Long(中国 WR1)

【女子単】
Wang Yihan(中国 WR6) 2(21-14、13-21、21-16)1 Li Xuerui(中国 WR3)

【女子複】
髙橋 礼華/松友 美佐紀(WR1) 2(21-13、21-15)0 福万 尚子/與猶 くるみ(WR9)

【男子複】
Lee Yong Dae/Yoo Yeon Seon(韓国 WR1) 2(21-14、28-26)0 Li Junhui/Liu Yuchen(中国 WR14)



▼優勝した女子複:髙橋 礼華/松友 美佐紀ペア(BADMINTON PHOTO。本大会の写真ではありません。以下同)

▼準優勝の女子複:福万 尚子/與猶 くるみペア


▲PageTOP