バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2016年07月01日

【全日本実業団】男女ベスト8出揃う!佐々木翔ダブルス出場で話題に!!


厚生労働大臣杯第66回全日本実業団バドミントン選手権福井大会が6月29日より開催されており、7月1日は決勝トーナメント1日目の試合が行なわれた。
男女、準々決勝の組み合わせは下記の通り。会場は勝山市体育館ジオアリーナ、10:00からの開催となる。


【男子準々決勝】

トナミ運輸 vs 大同特殊鋼

金沢学院クラブ vs トヨタ自動車九州

日本ユニシス vs 宇部興産

三菱自動車京都 vs 日立情報通信エンジニアリング



【女子準々決勝】

日本ユニシス vs 七十七銀行

北都銀行 vs ACT SAIKYO

ヨネックス vs NTT東日本

岐阜トリッキーパンダース vs 再春館製薬所



リンク:



以下、7月1日に行なわれた試合の中からピックアップ。


▼何といっても大注目は地元の星・再春館製薬所山口茜選手!
平日にも関わらず2階の観客席は超満員。しっかりストレートで勝利して観客の期待に応えました。



▼東北マークスにダブルス2試合を取られながらシングルス3試合で逆転勝利した日立情報通信エンジニアリング
シングルス2番手の松川直弘選手は勝山市出身。試合後「今の僕があるのは、勝山の皆さんのおかげです。元気なプレーをして恩返しをしたい。地元の星は山口茜だけではなく、松川もいます!(笑)」とコメント。


▼世界ランク1位でリオ五輪出場を決めた日本ユニシス髙橋礼華/松友美佐紀ペアにも熱い注目が注がれました。もちろんストレートで勝利!


▼富山トヨタ自動車と対戦したトナミ運輸は第1ダブルスを佐々木翔/園田啓悟という奇策に打って出て、会場の注目を集めました。結果は佐々木/園田ペアの勝利。
試合後の佐々木選手のコメント「緊張しました。相手のスピードが予想以上に速かった。とはいえ、園田選手とのペアが形になってよかったです。(リオ五輪後にダブルスへの転向は?の問いに)100%ないです!(笑)」。


▼昨年ベスト4の山陰合同銀行を3−1で破ったACT SAIKYO
ルーキー齋藤栞選手はしっかりチームに貢献。


▼JTECTに3−2で勝利した大同特殊鋼。
最後の長谷川達也選手が勝利を決め、ベスト8進出!



▲PageTOP