バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2017年03月31日

【大阪IC2017】3日目 日本勢10組が準決勝進出!


ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジ2017の大会3日目となる3月31日は男子単・女子複・混合複の2回戦および各種目の準々決勝が行なわれた。

日本勢で準決勝進出下のは次の10組。
男子単:小野寺裕介(日本ユニシス)、五十嵐優(中央大学4年)
女子単:大堀彩(トナミ運輸)、橋本由衣(NTT東日本)、髙橋沙也加(日本ユニシス)
男子複:西川裕次郎/野村拓海(法政大学4年/2年)、井谷和弥/高階知也(トリッキーパンダース)、権藤公平/渡邊達哉(トナミ運輸)
女子複:永原和可那/松本麻佑(北都銀行)、櫻本絢子/高畑祐紀子(ヨネックス)
混合複:(なし)

高校生選手も4組が対戦したが、いずれも敗れて勝ち上がりはできなかった。

注目は、大堀彩の富岡高校の後輩で4月からトナミ運輸に所属・同僚となる仁平菜月が準々決勝で対戦したが、ストレートで敗退した。

男子複:西川裕次郎/野村拓海と岡村洋輝/小野寺雅之の準々決勝はファイナル21-19で西川/野村に軍配。19-19で微妙なライン判定があり、遺恨が残った。

本日最長時間(1時間34分)の試合は永原和可那/松本麻佑(北都銀行)と土井杏奈/今別府香里(ヨネックス)の準々決勝。クリアー合戦の体力勝負となり、ファイナル21-18で永原/松本ペアが準決勝への切符を手にした。



試合結果の詳細は下記のリンクをご覧ください。



【プレー写真】



▼準決勝進出を果たした男子単:小野寺裕介(日本ユニシス)

▼準決勝進出を果たした男子単:五十嵐優(中央大学4年)

▼準決勝進出を果たした女子単:大堀彩(トナミ運輸)

▼女子単:仁平菜月(トナミ運輸) 先輩・大堀に完敗

▼準決勝進出を果たした女子単:橋本由衣(NTT東日本)

▼準決勝進出を果たした女子単:髙橋沙也加(日本ユニシス)

▼準決勝進出を果たした男子複:西川裕次郎/野村拓海(法政大学4年/2年)

▼準決勝進出を果たした男子複:井谷和弥/高階知也(トリッキーパンダース) 勝利を決めて観客席にVサイン

▼準決勝進出を果たした男子複:権藤公平/渡邊達哉(トナミ運輸)

▼準決勝進出を果たした女子複:永原和可那/松本麻佑(北都銀行)

▼準決勝進出を果たした女子複:櫻本絢子/高畑祐紀子(ヨネックス)



【オマケ画像】



▼選手向けにドリンクを提供するJKガールズ



▲PageTOP