バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2017年04月16日

【シンガポールオープンSS】最終日 タカマツ、デンマークペアに破れ準優勝


シンガポールオープン、大会6日目(最終日)となる4月16日、各種目の決勝が行なわれた。
日本勢で唯一決勝に勝ち上がった女子複:髙橋礼華/松友美佐紀はリオ五輪決勝の再現となるカミラ・リタ・ユール/クリスティナ・ペデルセン(デンマーク)との対戦となった。

第1ゲーム、6-6以降、タカマツペアが終盤まで1〜3点リードするが、18-18で追いつかれて逆転。18-21でこのゲームを落とした。
第2ゲーム、7-7以降、タカマツペアがリードを広げ、21-14でこのゲームを取り、イーブンに戻した。
ファイナルゲーム、序盤からデンマークペアがリードし、最大7点差となったところ、14-16まで縮めたが、その後ふたたび引き離され、15-21で敗れ、準優勝にとどまった。



16日(決勝)の試合結果は次の通り(試合順)。

【混合複】
LU Kai/HUANG Yaqiong(中国/WR2) 2(19-21、21-16、21-11)1 Dechapol PUAVARANUKROH/Sapsiree TAERATTANACHAI(タイ/WR11)

【女子複】
Kamilla Rytter JUHL/Christinna PEDERSEN(デンマーク/WR2) 2(21-18、14-21、21-15)1 髙橋礼華/松友美佐紀(WR1)

【男子単】
SAI PRANEETH B.(インド/WR30) 2(17-21、21-17、21-12)1 KIDAMBI Srikanth(インド/WR29)

【女子単】
TAI Tzu Ying(台湾/WR1) 2(21-15、21-15)0 Carolina MARIN(スペイン/WR2)

【男子複】
Mathias BOE/Carsten MOGENSEN(デンマーク/WR6) 2(21-13、21-14)0 LI Junhui/LIU Yuchen(中国/WR2)



▼準優勝となった女子複:髙橋礼華/松友美佐紀ペア(BADMINTONPHOTO。以下同)








▲PageTOP