バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2017年06月18日

【インドネシアオープンSSP】最終日 女子単:佐藤が優勝!!! 男子単:坂井は準優勝





インドネシアオープンの大会7日目(最終日)となる6月18日、各種目の決勝が行なわれた。
日本勢では女子単:佐藤冴香がスーパーシリーズプレミア大会で初優勝を果たした。
男子単:坂井一将もプレミア大会の決勝進出は初めてだったが、準優勝にとどまった。



佐藤は格上のSUNG Ji Hyun(韓国)と対戦。
第1ゲームは佐藤が前半から先行し、1度も追いつかれることなく21-13でこのゲームを取った。
第2ゲームも佐藤が先行するが、17-14からの7連続失点でこのゲームを落とした。
ファイナルゲームも1-1以降は佐藤が先行。常にリードしたまま21-14でこのゲームを取り、優勝を勝ち取った。
日本勢女子単のプレミア大会での優勝は奥原希望、山口茜に続く3人目となる。



坂井は格上のKIDAMBI Srikanth(インド)と対戦。
第1ゲームは中盤まで競った展開となるが、8-9以降、一気に引き離され、11-21でこのゲームを落とした。
第2ゲームは坂井が先行。12-7と5点差まで広げたものの13-13で追いつかれ、その後は競ったまま終盤まで続くが、19-18から3連続失点でこのゲームも落とし、坂井は準優勝に終わった。
とはいえ、予選からの勝ち上がりで格上選手を次々に下してのプレミア大会準優勝は賞賛に値するだろう。



ちなみに、これまでの日本勢のSSP優勝者(スーパーシリーズファイナルズ含む)は次の通り。
・スーパーシリーズファイナルズ2014:女子複 髙橋礼華/松友美佐紀
・インドネシアオープン2015:男子単 桃田賢斗
・スーパーシリーズファイナルズ2015:男子単 桃田賢斗
・スーパーシリーズファイナルズ2015:女子単 奥原希望
・全英オープン2016:女子単 奥原希望
・全英オープン2016:女子複 髙橋礼華/松友美佐紀
・デンマークオープン2016:女子単 山口茜
・デンマークオープン2016:女子複 髙橋礼華/松友美佐紀
・マレーシアオープン2017:女子複 福島由紀/廣田彩花



18日(決勝)の試合結果は次の通り。



【女子複】
CHEN Qingchen/JIA Yifan(中国 WR4) 2(21-19、15-21、21-10)1 CHANG Ye Na/LEE So Hee(韓国 WR3)

【男子単】
KIDAMBI Srikanth(インド WR22) 2(21-11、21-19)0 坂井一将(WR47)

【女子単】
佐藤冴香(WR17) 2(21-13、17-21、21-14)1 SUNG Ji Hyun(韓国 WR5)

【男子複】
LI Junhui/LIU Yuchen(中国 WR2) 2(21-19、19-21、21-18)1 Mathias BOE/Carsten MOGENSEN(デンマーク WR1)

【混合複】
Tontowi AHMAD/Liliyana NATSIR(インドネシア WR9) 2(22-20、21-15)0 ZHENG Siwei/CHEN Qingchen(中国 WR1)



▼優勝した女子単:佐藤冴香選手(BADMINTONPHOTO。以下同)






▼準優勝となった男子単:坂井一将選手





▲PageTOP