バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2017年09月17日

【韓国オープンSS】最終日 女子単:奥原希望は銀


韓国オープンの大会6日目(最終日)となる9月17日、各種目の決勝が行なわれた。
日本勢では女子単:奥原希望が決勝進出を果たしたが、プサルラ・V・シンデュ(インド)にファイナルゲームの末に破れ、準優勝となった。




決勝の試合結果は次の通り(試合順/WR:世界ランク)。



【混合複】
Praveen JORDAN/Debby SUSANTO(インドネシア WR7)  2(21-17、21-18)0 WANG Yilyu/HUANG Dongping(中国 WR13)

【女子複】
HUANG Yaqiong/YU Xiaohan(中国 WR129) 2(21-11、21-15)0 CHANG Ye Na/LEE So Hee(韓国 WR4)

【男子単】
 Anthony Sinisuka GINTING(インドネシア WR24) 2(21-13、19-21、22-20)1 Jonatan CHRISTIE(インドネシア WR22)

【女子単】
PUSARLA V. Sindhu(インド WR4) 2(22-20、11-21、21-18)1 奥原希望(WR9)

【男子複】
Mathias BOE/Carsten MOGENSEN(デンマーク WR1) 2(21-19、19-21、21-15)1 Marcus Fernaldi GIDEON/Kevin Sanjaya SUKAMULJO (インドネシア WR3)




▼準優勝となった女子単:奥原希望選手(BADMINTONPHOTO。以下同)






▲PageTOP