バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2017年10月23日

【世界ジュニア2017 個人戦】金子/久保田が日本男子複で初優勝!!!



10月16日から22日まで、世界ジュニア2017(BWF World Junior Championships 2017)の 個人戦がインドネシア・ジョグジャカルタ市で開催された。

日本勢では男子複:金子真大/久保田友之祐(ふたば未来)が日本男子複として初めて優勝を飾った。
また、男子単:奈良岡功大(浪岡)がベスト4の成績を収めた。



日本人選手の成績は次の通り。



【男子複】
優勝:金子真大/久保田友之祐(ふたば未来)
ベスト4:筑後恵太/山田尚輝(ふたば未来)
2回戦:緑川大輝/中山裕貴(埼玉栄)

【男子単】
ベスト4:奈良岡功大(浪岡)
ベスト8:大林拓真(埼玉栄)
5回戦:嶺岸洸(聖ウルスラ)
2回戦:緑川大輝(埼玉栄)

【女子複】
3回戦:林樂(埼玉栄)/由良なぎさ(ふたば未来)、岩永鈴(柳井商工)/齋藤夏(埼玉栄)
2回戦:水津優衣(柳井商工)/山口萌(日本ウェルネス)

【女子単】
5回戦:高橋明日香(ふたば未来)
3回戦:林樂(埼玉栄)、水井ひらり(ふたば未来)、鈴木ゆうき(聖ウルスラ)

【混合複】
2回戦:大林拓真/齋藤夏(埼玉栄)、筑後恵太/由良なぎさ(ふたば未来)
1回戦:中山裕貴(埼玉栄)/山口萌(日本ウェルネス)、山田尚輝(ふたば未来)/岩永鈴(柳井商工)



▼男子複で優勝した金子真大/久保田友之祐(ふたば未来)(BADMINTONPHOTO。以下同)

▼男子単でベスト4の奈良岡功大(浪岡)

▼男子複でベスト4の筑後恵太/山田尚輝(ふたば未来)

▼男子単でベスト8の大林拓真(埼玉栄)

▼女子複:岩永鈴(柳井商工)/齋藤夏(埼玉栄)

▼混合複:山田尚輝(ふたば未来)/岩永鈴(柳井商工)

▼混合複:中山裕貴(埼玉栄)/山口萌(日本ウェルネス)


▲PageTOP