バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2017年11月25日

【香港オープンSS】5日目 男子複:井上拓斗/金子祐樹、混合複:保木卓朗/廣田彩花はベスト4


香港オープン大会5日目となる11月25日は各種目の準決勝が行なわれた。

準決勝進出した日本人選手は男子複:井上拓斗/金子祐樹と混合複:保木卓朗/廣田彩花の2組。

井上/金子は格上のデンマークペアと対戦。第1、第2ゲームともにデュースにもつれ込む激戦となった。ファイナルゲームでは中盤で大きく引き離されてしまい、その後追い上げるものの及ばず、準決勝敗退となった。

保木/廣田はデンマークペアと対戦。第1ゲームは8-8以降、徐々に引き離されてこのゲームを取られてしまう。第2ゲームでは中盤で相手をリードするものの16-13から6連続失点。挽回して20-20とするものの、その後2失点してこのゲームも落とし、準決勝敗退となった。

両ペアはジャパンオープンSSでもそれぞれ銀メダルを獲得しており、今後の活躍が期待される。



日本人選手の試合結果は次の通り。

【男子複】
Mads CONRAD-PETERSEN/Mads Pieler KOLDING(デンマーク/WR6) 2(20-22、22-20、21-15)1 井上拓斗/金子祐樹(WR12) 

【混合複】
Mathias CHRISTIANSEN/Christinna PEDERSEN(デンマーク/WR69) 2(21-15、22-20)0 保木卓朗/廣田彩花(WR49)



▼準決勝進出を果たした男子単:井上拓斗/金子祐樹ペア(BADMINTONPHOTO。以下同)


▼準決勝進出を果たした混合複:保木卓朗/廣田彩花ペア






▲PageTOP