バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2017年12月15日

【SSファイナルズ】2日目 山口、園田/嘉村、福島/廣田が2勝! 米元/田中も1勝


スーパーシリーズファイナルズ2017大会2日目となる12月14日、引き続きグループリーグでの対戦が行なわれた。

女子単:山口茜、男子複:園田啓悟/嘉村健士、女子複:福島由紀/廣田彩花が2連勝し、女子複:米元小春/田中志穂も1勝1敗とした。
女子単:佐藤冴香、男子複:保木卓朗/小林優吾、混合複:数野健太/栗原文音は2敗を喫した。



14日の日本人選手の試合結果は次の通り。



【女子単 グループA】
山口茜(日本 SSR1) 2(21-14、13-21、21-8)1 HE Bingjiao(中国 SSR7)

PUSARLA V. Sindhu(インド SSR4) 2(21-13、21-12)0 佐藤冴香(日本 SSR10)

【男子複 グループA】
園田啓悟/嘉村健士(日本 SSR5) 2(21-17、21-17)0 Marcus Fernaldi GIDEON/Kevin Sanjaya SUKAMULJO(インドネシア SSR1)

【男子複 グループB】
LIU Cheng/ZHANG Nan(中国 SSR4) 2(21-18、21-15)0 保木卓朗/小林優吾(日本 SSR8)

【女子複 グループA】
米元小春/田中志穂(日本 SSR1) 2(21-16、21-16)0 HUANG Yaqiong/YU Xiaohan(中国 SSR9)

【女子複 グループB】
福島由紀/廣田彩花(日本 SSR2) 2(21-18、21-13)0 JUNG Kyung Eun/SHIN Seung Chan(韓国 SSR8)


【混合複 グループA】
TANG Chun Man/TSE Ying Suet(香港 SSR5) 2(21-16、16-21、21-6)1 数野健太/栗原文音(日本 SSR9)



▼世界ランク1位のインドネシアペアを破った男子複:園田啓悟/嘉村健士ペア(BADMINTONPHOTO。以下同)

▼2勝を決めた女子複:福島由紀/廣田彩花ペア

▼2勝を決めた女子単:山口茜選手

▼1勝1敗とした女子複:米元小春/田中志穂ペア



▼2敗を喫した男子複:保木卓朗/小林優吾ペア

▼2敗を喫した混合複:数野健太/栗原文音ペア

▼2敗を喫した女子単:佐藤冴香選手

▲PageTOP