バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2019年02月16日

【S/Jリーグ TOP4 準決勝】男子はトナミとNTT、女子はユニシスと再春館が決勝進出!


2月16日、JTB S/Jリーグ2018 トップ4トーナメント準決勝が埼玉県さいたま市のサイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)で開催された。

男子はトナミ運輸とNTT東日本、女子は日本ユニシスと再春館製薬所が決勝進出を決めた。

破れた日本ユニシス(男子)と日立情報通信エンジニアリング、北都銀行とヨネックスは3/4位決定戦に回ることとなった。

また、同日、5〜10位の順位決定戦が埼玉県草加市の草加市スポーツ健康都市記念体育館で開催された。
順位決定戦の結果は下記リンク先を参照。



準決勝の試合結果は次の通り。



男子準決勝(午前の部) トナミ運輸 2-0 日本ユニシス

園田啓悟/嘉村健士 2(21-19、23-21)0 遠藤大由/渡辺勇大
西本拳太 2(21-16、17-21、21-12)1 渡邉航貴
保木卓朗/小林優吾 ( - ) 井上拓斗/金子祐樹

▼接戦を制してストレート勝利したトナミ運輸の複1:園田啓悟/嘉村健士ペア

▼ファイナルゲームの末に敗れた日本ユニシスの単:渡邉航貴選手



女子準決勝(午前の部) 日本ユニシス 2-1 北都銀行

髙橋礼華/松友美佐紀 2(21-18、21-17)0 永原和可那/松本麻佑
髙橋沙也加 1(21-18、24-26、18-21)2 川上紗恵奈
星千智/東野有紗 2(21-18、21-15)0 米元小春/田中志穂

▼大接戦の第2ゲームを取り、ファイナルゲームもモノにした北都銀行の単:川上紗恵奈選手

▼ヨネタナペアを下してチームの決勝進出を決めた日本ユニシスの複2:星千智/東野有紗ペア



女子準決勝(午後の部) 再春館製薬所 2-0 ヨネックス

志田千陽/松山奈未 2(16-21、24-22、21-17)1 與猶くるみ/福万尚子
峰歩美 2(21-14、21-12)0 髙橋明日香
山口茜/小野菜保 ( - )  保原彩夏/曽根夏姫 

▼ファイナルゲームの末に破れたヨネックスの複1:與猶くるみ/福万尚子ペア

▼接戦の第2ゲームを取って勝利をものにした再春館製薬所の複1:志田千陽/松山奈未ペア



男子準決勝(午後の部) NTT東日本 2-0 日立情報通信エンジニアリング

古賀輝/齋藤太一 2(22-20、21-12)0 竹内義憲/松居圭一郎
桃田賢斗 2(21-12、21-16)0 丸尾亮太郎
星野翔平/西川裕次郎 ( - ) 塚本好喜/高野将斗 

▼第1ゲームは接戦となったが、ストレートで敗退した情報通信エンジニアリングの複1:竹内義憲/松居圭一郎ペア

▼ストレートで勝利したNTT東日本の単:桃田賢斗選手



▲PageTOP