バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2019年11月03日

【S/Jリーグ2019札幌大会(2日目)】男子:NTT東日本・日立情報通信E、女子:北都銀行が2日間全勝!


11月3日、JTB バドミントン S/Jリーグ2019札幌大会2日目の試合が前日に引き続き北海道・北ガスアリーナ札幌46において行われた。

前日に引き続き全勝を決めたチームは男子:NTT東日本・日立情報通信エンジニアリング、女子:北都銀行の3チーム。北都銀行は2日間で1ゲームも落とすことなく完全勝利。
また、全勝勝利ではないものの、2日間で連続勝利したチームは男子:日本ユニシス、女子:日本ユニシス。
優勝候補と目された再春館製薬所はアメリカンベイプ岐阜に1−2で敗れ、1勝1敗となった。



試合結果は次の通り。



【男子】

日本ユニシス 3−0 東北マークス
遠藤大由/渡辺勇大 2(21−14、21−14)0 佐伯健人/菊地裕太
小野寺裕介 2(21−17、21−19)0 澁谷勇希
井上拓斗/岡村洋輝 2(21−13、21−15)0 鈴木大裕/三浦光將

▼日本ユニシスの複1:遠藤大由/渡辺勇大はストレート勝利。

▼東北マークスの単:澁谷勇希は日本ユニシスの小野寺裕介に惜敗。



NTT東日本 2−0 東海興業
齋藤太一/古賀輝 2(21−18、21−11)0 森田浩平/間瀬亮介
古賀穂 2(13−21、21−13、21−13)1 西野勝志
星野翔平/西川裕次郎 2(21−5、19−21、21−8)1 嘉村昌俊/小川桂汰

▼NTT東日本の単:古賀穂は第1ゲームを落とすものの逆転勝利。

▼東海興業の単:西野勝志(内定選手)はNTT東日本の古賀穂から第1ゲームをもぎ取るものの、ファイナルゲームの末に敗退。



日立情報通信エンジニアリング 3−0 JR北海道
竹内義憲/松居圭一郎 2(21−11、21−17)0 中峰信太朗/光島理貴
猪熊心太朗 2(21−11、21−12)0 加藤太基
高野将斗/玉手勝輝 2(23−21、21−16)0 東野圭吾/渡部大

▼日立情報通信エンジニアリングの複1:竹内義憲/松居圭一郎がきっちりストレート勝利してチーム戦に弾みをつけた。

▼JR北海道の複1:光島理貴(内定選手)/中峰信太朗はストレートで敗退。



三菱自動車京都 2−1 金沢学院クラブ
疋田聖也/西谷春樹 2(21−18、21−15)0 荒井大輝/日光凌
常塚光 0(18−21、15−21)2 坂井一将
林谷理貴/内田祐太郎 2(21−19、21−11)0 川原祥人/西方優馬

▼日本ユニシスから金沢学院クラブに移籍したばかりの単:坂井一将は期待通りに1勝をもぎ取った。

▼三菱自動車京都の複2:林谷理貴/内田祐太郎が勝利して2日目のチーム戦勝利を決めた。




【女子】

北都銀行 3−0 山陰合同銀行
永原和可那/松本麻佑 2(21−14、21−15)0 福万尚子/横山恵里香
川上紗恵奈 2(21−17、24−22)0 漆﨑真子
浦谷夏未/田中志穂 2(21−13、21−18)0 久後あすみ/矢﨑月子

▼山陰合同銀行の単:漆﨑真子は第2ゲームの接戦をモノにできず惜敗。

▼北都銀行の複2は怪我で療養中の米元小春に代わって浦谷夏未が田中志穂とペアを組み、前日に引き続き勝利を決めた。



アメリカンベイプ岐阜 2−1 再春館製薬所
福島由紀/廣田彩花 2(12−21、21−16、21−19)1 志田千陽/松山奈未
山本紗椰 0(9−21、11−21)2 峰歩美
荒木茜羽/今井莉子 2(21−17、21−16)0 仲井由希乃/小野菜保

▼再春館製薬所の単:峰歩美はアメリカンベイプ岐阜の山本紗椰に圧勝。

▼1勝1敗で迎えた複2の戦いはアメリカンベイプ岐阜の荒木茜羽/今井莉子が仲井由希乃/小野菜保をストレートで下し、優勝候補の再春館製薬所に勝利する番狂わせ。



日本ユニシス 3−0 広島ガス
星千智/東野有紗 2(21−17、21−11)0 平井亜紀/山藤千彩
髙橋沙也加 2(21−14、21−11)0 下田菜都美
中西貴映/岩永鈴 2(21−11、21−16)0 小田菜摘/石村亜美

▼広島ガスの単:下田菜都美は日本ユニシスの髙橋沙也加に完敗。

▼複2:中西貴映/岩永鈴も勝利を決め、この日の日本ユニシスは3連勝。



ヨネックス 2−1 七十七銀行
櫻本絢子/髙畑祐紀子 2(21−11、21−11)0 池内萌絵/下陸ひかる
髙橋明日香 2(21−17、21−19)0 杉野文保
曽根夏姫/保原彩夏 1(21−17、17−21、20−22)2 河崎綾佳/毛利未佳

▼ヨネックスの複1:髙畑祐紀子(北海道出身)/櫻本絢子は七十七銀行の池内萌絵/下陸ひかるに圧勝。

▼七十七銀行の複2:河崎綾佳/毛利未佳はファイナル22−20で逆転勝利、一矢を報いた。



▲PageTOP