バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2011年09月21日

【YOJ】1回戦 日本の看板選手が次々破れる

9月21日(水)ヨネックスオープンジャパン1回戦が行われた。強い台風が関東を直撃した中、1500人の観客が駆けつけた。地元でメダルを狙う日本代表は看板選手ともいえる池田/潮田、平田/橋本、廣瀬、佐々木、末綱/前田らがいずれも初戦で敗退となった。

男子ダブルス佐藤/川前が現在世界ランク2位欧州王者 ボー/モゲンセン(デンマーク)を倒す大金星を挙げ、続くミックスダブルスでも佐藤/松尾はインドネシア世界ランキング8位ペアを破り2回戦へと進出した。ヨネックスオープンメダルを公言してきた男子シングルスの田児賢一や上田拓馬も勝ち上がり、女子シングルスでは若手の奥原希望、佐藤冴香、三谷美菜津らがいずれも格上選手を破って2回戦へ進んだ。

2回戦進出した選手

男子シングルス:田児賢一 上田拓馬 女子シングルス:奥原希望 佐藤冴香 三谷美菜津 
男子ダブルス:廣部/数野 川前/佐藤 女子ダブルス:市丸/田中 米元/三木 藤井/垣岩 松尾/内藤 ミックスダブルス:佐藤/松尾 


▼佐藤/川前 佐藤「力まず一球一球やれた」と充実した顔でインタビューに応えた
satokawa

▼池田/潮田 潮田「自分達が緊張やプレッシャーで力が出せなかったわけではない。相手の上手さに対応できなかった。」
ikesio

▼佐々木翔 「いつも通りの展開だったが、今回の対戦は自分のパフォーマンスがあまりよくなかった。」
sasaki

▼末綱/前田 末綱「攻撃が強い印象の相手。気持ちよく打たせすぎてノせてしまった」
suemae

▼平田/橋本 4月アジア選手権で準決勝で勝利していた中国ペアにファイナル17本で悔しい敗戦となった
hirahasi

▼廣瀬栄理子 1セット目を先取するも世界ランク12位韓国選手に逆転をゆるしファイナルゲーム17本で敗れた
hirose


関連サイト






▲PageTOP