バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2011年09月22日

【YOJ】2回戦 田児、佐藤/松尾ペアらが準々決勝へ

9月22日(木)ヨネックスオープンジャパン2回戦が行われた。この日、第一試合で男子シングルス
田児賢一が勝ち星をあげ、女子ダブルスでは松尾/内藤、藤井/垣岩が共に厳しい戦いを勝ち切り8強を決めた。ミックスダブルス佐藤/松尾もロシアペアに競り勝ち見事勝ちを収めた。


▼田児賢一 試合後の会見で準々決勝の相手リーチョンウェイに対し「今日みたいな連続失点をしていては相手にならないと思う。」と気を引きしめた
tago2

▼藤井/垣岩 藤井が不調も、垣岩を中心にゲームを展開し勝利を収めた
fujikaki2

▼松尾/内藤 松尾「日本の大会でたくさんの方が応援してくれるので嬉しいです。明日は一度負けている相手、次は勝ちたい。」
matunai

▼数野/廣部 ファイナルゲーム18点オールまで大接戦を演じるも最後は3連続失点と惜しい敗退となった。
kazuhiro

▼三谷美菜津 試合後「差を凄く感じた。思うようにプレーさせてもらえなかった」と悔しさを語った
まるしー

▼田中/市丸 市丸「2ゲーム目逆転され、テンションが下がってしまった。2ゲームで決めれなかったことがすべて」
tanaichi2

▼佐藤冴香 「焦りからミスを連発し逆転された。相手の点数に惑わされずに、自分のプレーを貫かなくてはならない。」
sato

▼佐藤/川前 佐藤「韓国ペア両選手ともミックスダブルスも世界トップクラス。サービスまわりが特に上手く揺さぶられた」
satokawa2

▼奥原希望 会場中が応援する中、ガッツあふれるプレーで観客を沸かせた。「競り合っただけでなく、勝てないといけない。勝ちたかった」
okuhara

▼マスコミ記者もびっくりするほどハキハキした対応で記者会見に応じる奥原okuhara2


関連サイト




▲PageTOP