バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2011年09月23日

【YOJ】3回戦 藤井/垣岩が準決勝へ

9月23日(金)ヨネックスオープンジャパン3回戦が行われた。この日、会場は7300人の
観戦者で満席状態となった。注目のカード田児賢一と世界1位リーチョンウェイとの対戦は田児
が1ゲーム先取し見せ場を作るも、ファイナルゲームの末リーチョンウェイが勝利した。

藤井/垣岩が世界ランキング6位韓国ペアのハ・ジュンユン/キム・ミュンジュンに勝利し、先週の
チャイナマスターズに続きスーパーシリーズ準決勝へ勝ち上がった。

▼会場はアリーナ、2階席、3階席、立ち見が出る超満員
kaijo

▼藤井/垣岩 力強いジャンピングスマッシュを決める垣岩
CQ7C5483

▼良い成績が出ている理由について「技術・戦術などより、メンタル面、気持ちの部分で落ち着いている」と
会見でも笑顔で答えた
CQ7C6312


▼佐藤/松尾 この日は相手の上手さになかなか思うような形がつくれていなかった。
CQ7C5083


_DSC9933

▼田児賢一 「たくさんの声援に後押しされ1ゲーム目は日本としてとったゲーム」とコメント
CQ7C6072

▼ファイナルゲーム終盤大声援を受けて追い上げを見せるも18点で敗退
CQ7C6239

▼会見では「あっと言う間でした。まだまだ力の差があります。勘違いしないようこれからも頑張りたい」とコメント
CQ7C6349


▼松尾/内藤 1ゲームを先取し2ゲーム目後半も優勢に試合を進めていたが、マッチポイント20-18としたところから4失点で逆転され、ファイナルゲーム19点で悔しい敗退となった。
CQ7C6480

▼松尾「たくさんの声援の中で試合ができ幸せでした。海外の試合であれば諦めている場面でも頑張れた」とコメント
CQ7C6911

▼試合後のインタビューでは肩を落としていた。
CQ7C7023


関連サイト:




▲PageTOP