バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2011年12月25日

【日本リーグ】 東京大会 日本ユニシス女子チームが連覇!

2011年12月25日(日)東京都・国立代々木競技場 第二体育館で日本リーグ最終戦となる東京大会が開催された。

女子は日本ユニシスが昨年1部リーグ初加盟で初優勝から連覇を達成。2年連続2回目の優勝となった。潮田玲子は前チーム三洋電機(現パナソニック)の所属から合わせ日本リーグ10年連続の優勝を飾った。

CQ7C6846

【女子の部 結果】

優勝 [7勝0敗] 日本ユニシス       
2位 [6勝1敗] ルネサス           
3位 [5勝2敗] パナソニック      
4位 [3勝4敗] NTT東日本           
5位 [3勝4敗] 北都銀行           
6位 [2勝5敗] 岐阜トリッキーパンダース   
7位 [1勝6敗] 七十七銀行       
8位 [1勝6敗] 広島ガズ       

4・5位の順位は、マッチ率による。
7・8位の順位は、マッチ率による。


【最終戦結果】

●日本ユニシス 2-1 パナソニック

高橋礼華/松友美佐紀 2{21-12 27-25}0 松尾静香/内藤真実
平山優 1{23-21 18-21 15-21}2 今別府香里
張亞雯/潮田玲子 2{21-17 21-6}0 三木佑里子/米元小春

日本ユニシスは全勝で最終戦をむかえるが、負け方によってはルネサスに逆転優勝される可能性を残していた。両エースがぶつかったトップダブルスでは、今年全日本総合王者となった高橋/松友が松尾/内藤に1ゲーム目11連続得点を奪うなど圧勝。2ゲーム目は15-20の場面から追いつきデュースに持ち込むと、最後は27-25で逆転勝利した。シングルスは団体戦にめっぽう強いキャプテン平山が今別府との終始互角の戦いに1ゲーム目は23-21で競り勝つも、粘る今別府に2・3ゲームを取られ敗退となった。1-1で迎えた第2ダブルスは経験豊富な潮田/張が三木/米元をストレートで下し優勝を決めた。試合後会見では潮田、高橋、松友らが今季でチームを抜ける外国人枠の張(ザン)選手からたくさんの事を学び、貴重な経験を得たと感謝のコメントを述べていた。

▼高橋礼華/松友美佐紀
CQ7C5881

▼今別府香里 
CQ7C6332_m


●ルネサス 3-0 岐阜トリッキーパンダース

藤井瑞希/垣岩令佳 2{21-15 21-15}0 脇田侑/江藤理恵
伊東可奈 2{21-18 17-21 21-14}1 梅津知恵
久後あすみ/横山めぐみ 2{13-21 21-14 21-18}1 林裕佳/田崎亜由美

ルネサスは今年海外遠征の関係でなかなか主力メンバーが揃わない状態が続いた。最終戦も末綱/前田の支柱を欠いての戦いとなった。世界ランク3位の藤井/垣岩が脇田/江藤と競り合いを見せるが、やはり要所で抜け出しストレートで下す。今季ルネサスのシングルスに定着した伊東が実力者梅津をファイナルで勝利。第2ダブルスでは久後/横山が林/田崎に逆転勝ちで今季4勝をマークした。無名とも言える久後/横山だが末綱/前田、藤井/垣岩が不在時に出場機会を得るとしっかりポイントを確保し成長を遂げた。

▼伊東可奈 
ito

▼田崎亜由美/林裕佳
hayataza2


●NTT東日本 3-0 七十七銀行

矢野智恵美/三谷美菜津 2{21-14 21-12}0 今井杏莉/大森舞
後藤愛 2{22-20 21-15}0 幡谷若奈
西山夕美子/橋本由衣 2{21-13 29-27}0 服部麻衣/神ゆかり

NTTは今季ポイント源の樽野を怪我で欠き厳しい戦いが続いた。上位3チームからシングルスでは全て勝ち星を奪っているだけにダブルスの奮起に期待がかかった。逆に七十七銀行はダブルス2枚看板で勝ちを奪いたいところ。第1ダブルス三谷と矢野(内定・法政大)ペアが実力者今井/大森をストレートで下した。シングルスでは後藤がルーキー幡谷に追いかけられる苦しい展開を振り切り勝利。第2ダブルスでは橋本と西山(内定・早稲田大)とのペアで服部/神と競り合いを制しストレートで勝ち星を挙げた。

▼橋本由衣/西山夕美子
hasimonisi

▼幡谷若奈 
hataya


●北都銀行 2-1 広島ガス

三好奈緒/小森美希 0{17-21 9-21}2 小池温子/桜井みどり
楠瀬由佳 2{21-19 21-11}0 武田陽子
馬上愛実/下﨑彩 2{21-18 21-7}0 橋本麻衣子/前田園美

負ければ入替戦行きの広島ガスが北都銀行と対戦。広島ガスはベテラン三好/小森に小池/桜井がストレートで勝利する。シングルスは昨日NTT後藤を破り勢いのある楠瀬に武田が敗退。勝負のかかった第2ダブルスはスコットランド国際3位馬上/下崎の前に橋本/前田は1ゲーム目こそ食い下がるが、18-18の場面から一気に失点でゲームを奪われると、2ゲーム目は完全に馬上/下崎のペースとなり敗退。広島ガスは七十七銀行と1勝6敗で並んだがマッチ率で最下位が決定した。

▼馬上愛実/下﨑彩
simomou

▼橋本麻衣子/前田園美
hasimae


関連ページ:



関連サイト:





▲PageTOP