バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2013年02月24日

【オーストリア国際2013】最終日 WS 橋本、MS 桃田、WD 新玉/樽野、MD 佐伯/垰畑が頂点に!

オーストリア国際チャレンジ2013の最終日第4日目)となる2月23日、準決勝と決勝が行われた。

決勝5種目に勝ち上がった10組のうち日本人勢が6組を占め、WS 橋本由衣、MS 桃田賢斗、WD 新玉美郷/樽野恵、MD 佐伯祐行/垰畑亮太の4組が頂点を極める快挙。

MS 武下利一、MD 嘉村健士/園田啓悟は準優勝。MS 坂井一将はベスト4


日本人選手の試合結果は次の通り。


準決勝

MS 武下利一 2(21-12、19-21、21-16)1 坂井一将

MS 桃田賢斗 2(21-15、21-19)0 Niluka KARUNARATNE(スリランカ)

MD 嘉村健士/園田啓悟 2(21-13、21-18)0 Yun Lung CHAN/Chun Hei LEE(香港)

MD 佐伯祐行/垰畑亮太 2(18-21、21-13、22-20)1 Nelson Wei Keat HEG/Ee Yi TEO(マレーシア)

WS 橋本由衣 2(23-21、21-14)0 Kristina GAVNHOLT~ *(チェコ)

WD 新玉美郷/樽野恵 2(21-18、21-15)0 Serithammarak ARTIMA/Peeraya MUNKITAMORN(タイ) 


決勝

WS 橋本由衣 2(21-11、21-3)0 Petya NEDELCHEVA(ブルガリア)

MS 桃田賢斗 2(21-19、21-12)0 武下利一

WD 新玉美郷/樽野恵 2(21-14、22-20)1 Mei Kuan CHOW /Meng Yean LEE(マレーシア)

MD 佐伯祐行/垰畑亮太 2(21-18、15-21、21-18)1 嘉村健士/園田啓悟



▼WSで優勝した橋本由衣選手(写真はヨネックスオープンジャパン2012のときのもの)

▼MSで優勝した桃田賢斗選手(写真はヨネックスオープンジャパン2012のときのもの)

▼WDで優勝した新玉美郷/樽野恵ペア(写真は2012年全日本社会人選手権大会のときのもの)

▼MDで優勝した佐伯祐行/垰畑亮太ペア(写真はヨネックスオープンジャパン2012のときのもの)


▲PageTOP