バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2013年06月23日

【シンガポールオープン2013】第6日目(決勝) WD髙橋/松友は準優勝

シンガポールオープン2013の第6日目となる23日、各種目の決勝が行なわれた。

日本勢で唯一決勝に勝ち登った女子複:髙橋 礼華/松友 美佐紀だが、中国のQing TIAN/Yunlei ZHAOペアに19本、16本で惜敗、準優勝となった。

第1ゲーム、髙橋/松友ペアは中盤で最大6点差まで広げられた点差を縮め、18-18と同点に追いついたが、あと一歩及ばず第1ゲームを落とした。
第2ゲーム、11-9と中国ペアをリードしてインターバルに入った髙橋/松友ペアだが、直後に6連続失点。その後は中国ペアと1点ずつ取り合う展開となって点差を縮めることができず、第2ゲームも落とした。



試合結果は次の通り。

混合複:
Tontowi AHMAD/Liliyana NATSIR(インドネシア)2(21-12、21-12)0 Yeon Seong YOO/Hye Won EOM(韓国)

女子単:
Yihan WANG(中国)2(21-18、21-12)0 Xuerui LI(中国)

男子単:
Tommy SUGIARTO(インドネシア)2(20-22、21-5、21-17)1 Boonsak PONSANA(タイ)

女子複:
Qing TIAN/Yunlei ZHAO(中国)2(21-19、21-16)0 髙橋 礼華/松友 美佐紀

男子複:
Mohammad AHSAN Hendra SETIAWAN(インドネシア)2(21-15、21-18)0 Sung Hyun KO/Yong Dae LEE(韓国)



▼女子複で優勝した中国 Qing TIAN/Yunlei ZHAOペアと準優勝の髙橋 礼華/松友 美佐紀ペア
(Photo : Badmintonphoto)


▲PageTOP