バドミントンTOP >> 新着情報

新着情報

RSS

  • 試合結果
  • 試合告知
  • 選手情報
  • インタビュー

2013年09月19日

【ヨネックスオープンジャパン2013】(第3日目) 山口茜が世界ランク12位を破り、YOJ史上最年少でベスト8進出!

ヨネックスオープンジャパン2013 大会3日目となる9月19日、各種目の2回戦が行なわれた。

日本勢でベスト8進出を決めた選手は次の通り。
男子単:竹村純、田児賢一
女子単:橋本由衣、山口茜、髙橋沙也加、三谷美菜津、打田しづか
男子複:橋本博且/平田典靖
女子複:松友美佐紀/髙橋礼華
混合複:井上拓斗/髙橋礼華

残念ながら2回戦敗退となった選手は次の通り。

男子単:池田雄一、桃田賢斗、古財和輝
女子単:大堀彩、廣瀬栄理子、楠瀬由佳
男子複:小松﨑佑也/竹内宏気、保木卓朗/小林優吾、嘉村健士/園田啓悟、遠藤大由/早川賢一、黒瀬尊敏/銭谷翔
女子複:三木佑里子/米元小春、久後あすみ/宮内唯、新玉美郷/樽野恵、星千智/櫻本絢子
混合複:下農走/永原和可那





▼女子単 山口茜は世界ランク12位(ベスト10位)のシンドゥ・P. V(インド)を破り、YOJ史上最年少(16歳)でベスト8進出を決めた。


▼混合複 井上拓斗/髙橋礼華ペアは世界ランク6位(ベスト6位)のムハマド・リジャル/デビー・スサント ペア(インドネシア)をストレートで破る大金星を上げた。


▼男子単 竹村純は世界ランク10位(ベスト4位)のフー・ユン(香港)を下す大金星を上げててベスト8入りを果たした。


▼女子単 打田しづかも世界ランク14位(ベスト8位)ポルンティップ・ブラナプラサットスク(タイ)をファイナルで破った。


▼男子単 池田雄一は本大会をもって選手を引退すると表明していたが、本日の2回戦がラストゲームとなってしまった。
ファイナルゲーム19-18からの最後の2本はライン判定が微妙で、特に最後の1本は池田にポイントとなる線審判定を主審が覆し、池田が抗議するも翻らず。引退試合とするにはあまりにも後味の悪い試合となってしまった。


▲PageTOP